TOEIC対策で勉強しよう!絶対合格を目指すなら必読

英語のスキルを示す指標

STUDY ENGLISH

出題傾向に対応

TOEICの得点は、英語のスキルを示す指標になりえます。日本では、学校や企業でTOEICのスコアを一定の英語スキルと認識しています。たとえば、中学・高校・大学の入試では、TOEICの得点を試験の合否に加味されます。また、企業においては、昇進に向けた自己スキルとする動きが進んでいます。TOEICは、日常会話からビジネス会話まで、幅広いシチュエーションにから出題されます。ポイントを絞って勉強する必要があるゆえ、受験の際はTOEIC対策が求められます。TOEIC対策の特徴は、目標スコアを設定して、それに向けて学習を進めることです。TOEICは、目標の点数に応じて覚える語彙数が変化します。一般的に、400点台なら3000語、700点台なら700語、900点台は10000万語を学習します。これらを効率的に覚えるために、目標の点数ごと分かれたTOEIC対策の書籍が販売されています。最近では、専用のアプリも人気です。さらに、TOEIC対策として、問題の出題傾向を把握することも大切です。リーディングやライティングの試験では、時事に沿った内容が頻出します。そこで、世界の動向を大まかにつかんでおくと良いでしょう。そのうえ、ヒアリングのスキル向上も欠かせません。試験では、ネイティブスピーカーによる発音のため、正しい力を要します。聞く力を育てるためには、TOEIC対策専門のスクールや、英会話学校のTOEICコースが有用です。

Copyright© 2018 TOEIC対策で勉強しよう!絶対合格を目指すなら必読 All Rights Reserved.